ゾウムシ ④
2014/05/19(Mon)
本日も2度更新です。

ちょっと大きめのゾウムシたちです。

カツオゾウムシ(ゾウムシ科カツオゾウムシ亜科)
カツオゾウムシa1401
体色が赤い新鮮な個体です。この色と形がカツオ節に似ているということで付いた名です。
やがてこの色は剥げ落ちていきます。イタドリの葉でよく見かけます。
体長11~12㎜。阿蘇にて。

ハスジカツオゾウムシ(ゾウムシ科カツオゾウムシ亜科)
ハスジカツオゾウムシy1401
上翅の模様が葉脈のように見えることから名付けられました。
ホストはヨモギですがイタドリにいました。
体長9~14㎜。矢部村にて。

オジロアシナガゾウムシ(ゾウムシ科アシナガゾウムシ亜科)
オジロアシナガゾウムシa1401
クズの茎に傷を付けて産卵するので、クズの葉や茎によくいます。
体長9㎜前後。阿蘇にて。

アシナガオニゾウムシ♂(ゾウムシ科クチカクシゾウムシ亜科)
アシナガオニゾウムシa1401
体色(模様)はオジロアシナガゾウムシに似ています。
アシナガオニゾウムシa1402
オスの前脚が異様に長いのが特徴です。
アシナガオニゾウムシa1403
他の虫を探していたらすぐ傍を歩いていました。
アシナガオニゾウムシa1404
枯れたエノキに集まります。昨年は女山のエノキの立ち枯れで見ました。
アシナガオニゾウムシa1405
体長12㎜前後。阿蘇にて。

オジロアシナガもアシナガオニもじっとしていると鳥の糞そっくりです。
捕食者から逃れるための擬態なのでしょうか?

撮影機材 カメラ:ニコンD7100、DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ゾウムシ ⑤ | メイン | 大授搦 2014年春の渡り ⑥>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/359-138c0e64

| メイン |