オトシブミ科 ④
2014/05/01(Thu)
オトシブミの仲間その④です。

ヒメクロオトシブミ(オトシブミ亜科オトシブミ属)
ヒメクロオトシブミh1401
最も普通に観られるオトシブミです。交尾中のペアをナガバモミジイチゴの葉裏で見つけました。
ヒメクロオトシブミh1402
全長3.5~5.5㎜。星野村にて。

ウスモンオトシブミ(オトシブミ亜科オトシブミ属)
ウスモンオトシブミh1401
キブシやゴンズイの葉を巻きます。
ウスモンオトシブミy1401
べっ甲色が綺麗です。星野村&矢部村にて。
全長5~7㎜。

ナラルリオトシブミ(アシナガオトシブミ亜科ルリオトシブミ属)
ナラルリオトシブミg1402
コナラの葉をリボン状に切って巻いていました。
ナラルリオトシブミg1401
複眼が綺麗に接するのが種名の決め手となります。
ナラルリオトシブミh1401
全長2.5~3.8㎜。星野村&グリーンピア八女にて。

カシルリオトシブミ(アシナガオトシブミ亜科ルリオトシブミ属)
カシルリオトシブミh1401
胸部の金色が特徴です。
カシルリオトシブミy1401
イタドリやコナラ、カシなどの葉をリボン状に切って巻きます。
全長2.5~4mm。星野&矢部村にて。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100、DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<筑後広域公園 野鳥たち | メイン | オトシブミ科 ③>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/338-91005acd

| メイン |