早春の花
2014/04/23(Wed)
ビジターセンターのスプリングエフェメラルたちです。

シロバナエンレイソウ(ユリ科エンレイソウ属)
シロバナエンレイソウa1401
木々が葉を広げる前、雑木林の林床などで花を付けます。
阿蘇くじゅうや九州山地にはあちこちに自生地があります。

イチリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属)
イチリンソウa1401
山地に稀に自生し群生することもしばしばです。
茎の先に花を1つ付けます。草丈20㎝程になります。
花径3cm前後。

ニリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属)
ニリンソウa1401
こちらは茎の先に2つの花が咲きますが、2輪目はちょっと遅れて咲きます。
ニリンソウa1402
花径2㎝前後。

夏鳥も現れ始めました。

コサメビタキ(ヒタキ科)
コサメビタキa1401
東南アジア方面から夏鳥として渡ってきます。
全長13㎝。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 野草 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<昆虫いろいろ | メイン | オトシブミ 南阿蘇ビジターセンター>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/330-6d859c1d

| メイン |