オトシブミ 南阿蘇ビジターセンター
2014/04/22(Tue)
今日は、阿蘇で観たオトシブミの仲間です。
阿蘇では、ようやく出始めたというところでしょうか?
この日は少し肌寒く、昆虫の出は今一つでした。

ヒメクロオトシブミ(オトシブミ科オトシブミ亜科オトシブミ族)
ヒメクロオトシブミa1401
ノイバラの葉先にいるところを発見。

ケシルリオトシブミ(オトシブミ科アシナガオトシブミ亜科ルリオトシブミ族)
ケシルリオトシブミa1401
オトシブミの中の最小種です。緑がかった金属光沢があります。
ケシルリオトシブミa1402
ケシとは芥子粒のように小さいの意味。ノイバラをホストとします。
ケシルリオトシブミa1403
春にノイバラの葉を丹念に探すと見つかることがあります。
ケシルリオトシブミa1404
体長2.5~3㎜。

サクライクビチョッキリ(オトシブミ科チョッキリゾウムシ亜科イクビチョッキリ族)
サクライクビチョッキリa1401
サクラの葉裏にいたのでサクラ…としましたが、確信はありません。
体長2.5~3.8㎜。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<早春の花 | メイン | オトシブミ 女山森林公園>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/329-135bf02a

| メイン |