観察会~女山 春の花
2014/04/08(Tue)
カタバミ(カタバミ科)
カタバミz1401
多年草で様々な場所に自生します。花の径は5~10㎜。
ヤマトシジミの幼虫の食草になります。

キランソウ(シソ科)
キランソウz1401
日当たりの良い場所にたくさん咲いていました。
薬草として、鎮咳・去淡・解熱・健胃・下痢止め等に利用されます。
キランソウz1402
一つの花は1㎝もありません。別名ジゴクノカマノフタとも言います。

フデリンドウ(リンドウ科)
フデリンドウz1401
春に咲くリンドウの一つです。
フデリンドウz1402
桜の花の咲く頃に、日当たりの良い草地や林縁に群生します。
フデリンドウz1403
草丈は5~10㎝程、花径は10~15㎜程になります。
フデリンドウz1404
女山では毎年たくさんの花が見られますが、
フデリンドウz1405
多くの人は桜にしか目が行かないようです。

以上、女山にて。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 野草 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<観察会~女山 野鳥 | メイン | 観察会~女山 甲虫②>>
コメント
-  -
様々な分野の生物たちに詳しいのですね!
私も見習わなければいけません!!
2014/04/08 22:22  | URL | たつや #-[ 編集]
- Re: タイトルなし -
> 様々な分野の生物たちに詳しいのですね!
> 私も見習わなければいけません!!
年齢を重ねるに連れて、色々な生物に興味が湧いてきました。
そして、名前や生態を知りたくなるんですよね~!
2014/04/08 23:39  | URL | ウォッシュボードマン #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/316-059eadf5

| メイン |