ゾウムシ登場
2014/04/03(Thu)
昨日は汗ばむくらいの陽気でした。仕事帰りにちょっと女山まで足を延ばしてみました。
いよいよ私の好きなゾウムシの仲間達も動き始めたようです。

ドウガネツヤハムシ(ハムシ科)
ドウガネツヤハムシz1401
体長3㎜弱の小さなハムシでタラノキの葉を食べるようです。

イチゴハナゾウムシ(ゾウムシ科)
イチゴハナゾウムシz1401
ハナゾウムシの仲間でこちらも体長3㎜程しかありません。
イチゴハナゾウムシz1402
前翅の模様に特徴があります。ノイバラの細い茎にて。
イチゴハナゾウムシz1403
ノイバラやキイチゴなどバラ科植物の葉を食べます。
イチゴハナゾウムシz1404
別個体で模様が分かりにくくなっています。ノイバラの葉上にで。

ヒメクロオトシブミ(オトシブミ科)
ヒメクロ揺籃z1401
ナガバモミジイチゴの枝先に揺籃を発見。大きさは1㎝もありません。
ヒメクロオトシブミz1401
近くを探すと…成虫がいました。
ヒメクロオトシブミz1402
体長4~5㎜。

ミリ単位の昆虫を撮る時は、絞りを絞って(f11~22)シャッタースピードも速く(1/250前後)し、フラッシュを発光させて撮ることが多いです。体長が小さいのでマクロレンズで撮ってもトリミングすることがほとんどです。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<春のチョウ | メイン | 巣作り>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/311-f2ba7239

| メイン |