次々に春の花・・・
2013/03/26(Tue)
春の花も続々登場しています。
ここに載せきれないものもたくさんありました。

シハイスミレ(スミレ科スミレ属)
シハイスミレ
西日本に多いスミレで、東日本には葉が細いマキノスミレが自生します。
薄いピンク色をした可愛いスミレで、山の林縁の乾燥した場所でよく見ます。
まだ咲き始めです。葉裏が紫色だから紫背(シハイ)です。
グリーンピア八女にて撮影。

アリアケスミレ(スミレ科スミレ属)
アリアケスミレ
あちこちで群生しています。
筑後広域公園にて。

フデリンドウ(リンドウ科リンドウ属)
フデリンドウ
春に咲くリンドウで、草丈5~10㎝位です。
丘陵や山地の林縁などのちょっと乾燥気味の場所で見られます。
群生する場合もあります。
女山にて撮影。

カラスノエンドウ(マメ科ソラマメ属)
カラスノエンドウ
ヤハズエンドウが標準和名だそうですが、カラスノエンドウの方が一般的です。
元々は帰化植物です。
花の大きさは1㎝ほどで、春の若葉は天ぷらやソテーにして食べられます。
以下すべて筑後広域公園で撮影。

スズメノエンドウ(マメ科ソラマメ属)
スズメノエンドウ
カラスノエンドウよりもかなり小さいことからスズメとなったそうです。

カスマグサ(マメ科ソラマメ属)
カスマグサ
カラスノエンドウとスズメノエンドウの中間の大きさです。
そこで、カラスのカとスズメのスの間ということでカスマとなったそうです。

オドリコソウ(シソ科オドリコソウ属)
オドリコソウ
花の形を菅笠をかぶった踊り子に見立てた命名です。
子どもの頃は、よく花びらを引き抜いて甘い蜜を吸っていました。

ノアザミ(キク科アザミ属)
ノアザミ
秋に咲くアザミが多い中で春に咲くアザミです。
いつもはゴールデンウィーク前後から咲き始めるのですが…
今年はかなり早く咲いています。

撮影機材 カメラ:ニコンD90 レンズ:DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 野草 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<自然観察会 野鳥編① | メイン | 菜の花と蝶>>
コメント
-  -
春をいっぱいありがとうございますぅ~!
カラスノエンドウの天ぷらはマジ美味いです!!
2013/03/26 22:04  | URL | S.SHIN #k9MHGdfk[ 編集]
- Re: タイトルなし -
> 春をいっぱいありがとうございますぅ~!
> カラスノエンドウの天ぷらはマジ美味いです!!
ホント!美味しいですよねェ!!
2013/03/26 22:23  | URL | ウォッシュボードマン #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/31-f67f5bba

| メイン |