筑後広域公園 チョウゲンボウ
2014/02/08(Sat)
インフルエンザからどうにか回復しつつありますが、今週は結局仕事を休む羽目に…
ま、神が与え賜うた休息日ということで…。ご心配いただいた皆さん、本当にありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

さて、延び延びになっていた筑後広域公園(2/2観察分)です。

チョウゲンボウ♀(ハヤブサ科)
チョウゲンボウ♀c01
車から降りると…道路沿いの木に鳥の影が…。
チョウゲンボウ♀c02
そっと近付くとなんとチョウゲンボウではないですか。
三脚を担いで少しずつ近づきます。羽の色模様からどうやらメスのようです。
チョウゲンボウ♀c03
下を車や人が通るのに逃げる気配がありません。
私の存在も無視?のようです。
チョウゲンボウ♀c04
突然、緊張が走ったと思った瞬間
チョウゲンボウ♀c05
目の前の草むらへ飛びおります。
チョウゲンボウ♀c06
そして何かを捕まえて近くの電柱へ
チョウゲンボウ♀c07
捕まえたのはバッタ(トノサマバッタ?)のようです。
チョウゲンボウ♀c08
あまりの陽気にバッタも春と間違えて動いていたのでしょう。
チョウゲンボウ♀c09
美味しそうに食べていました。


チョウゲンボウ♂c01
さらに公園の西の方へ向かうと別の個体が…
チョウゲンボウ♂c02
ちょっと逆光気味ですが…
チョウゲンボウ♂c03
先ほどの個体と違って頭部が灰色のオスのようです。
チョウゲンボウ♂c04
メスとオス、それも結構近くで観られて最高でした。
全長33~38cm、翼開長69~76cm
ハヤブサの仲間は、眼の下(頬)にある、よく目立つ黒斑が特徴です。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100、レンズ:タムロンSP400mm×1.4テレコン


ところで、インフルエンザは快方へ向かっておりますが、先月末より入院中の母の容体が思わしくなく…
ということで、今後ブログが滞ることがありますことをあらかじめご了承ください。

この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<筑後広域公園 ツリスガラ | メイン | インフルエンザ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/261-b2059828

| メイン |