筑後広域公園 留鳥
2014/01/05(Sun)
今年の正月は結構暖かかったです。
陽気に誘われて、今日は今年初のバードウォッチングに行ってきました。
結果は明日以降に…

ということで、筑後広域公園の最後です。

スズメ(ハタオリドリ科)
スズメc01
人の生活に依存していて、山地などでは見られません。
スズメc02
一番普通に見られる野鳥ですが、意外と他の鳥がスズメと思われている場合も多そうです。
昔に比べて何となく数が減ったような気がします。
両足を揃えてピョンピョン歩き(跳び)ます。
全長14.5㎝。

ムクドリ(ムクドリ科)
ムクドリc01
こちらは最近数を増やしています。
子どもの頃にはほとんど見かけませんでした。
ムクドリc02
センダンの実に群れていました。
ムクドリc03
足を交互に動かしてヨチヨチと歩きます。
全長24㎝。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、レンズ:タムロンSP400mm×1.4テレコン
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<女山森林公園 ホオジロの仲間とシロハラ | メイン | 筑後広域公園 サギとハイタカ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/238-2f83aba9

| メイン |