大授搦 オオハシシギとオグロシギ
2013/12/15(Sun)
嘴が真っ直ぐで長いシギたちです。

オオハシシギ(シギ科)
オオハシシギdg01
手前の2羽がオオハシシギです(他はハマシギ)。
シベリアやアラスカで繁殖し、日本へは旅鳥または冬鳥として渡って来ます。
オオハシシギdg02
数はそう多くはありません。
オオハシシギdg03
全長29cm。
奥はダイゼンです。

オグロシギ(シギ科)
オグロシギdg01
真ん中と右の個体です(左はオオハシシギ)。
オオハシシギよりも大きく、嘴の本部が赤くなります。
ユーラシア大陸の中部から北部で繁殖し、日本へは旅鳥としてやって来ます。
オグロシギdg02
飛んだ時に尾羽の黒が目立ちます。
鹿の子模様の尾羽はオオハシシギです。
全長38cm。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、D90
レンズ:トキナーAT-X80-400mmズーム、タムロンSP400mm×1.4テレコン
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<大授搦 ハマシギ | メイン | 大授搦 コアオアシシギ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/222-696e0027

| メイン |