南阿蘇ビジターセンター ③
2013/12/11(Wed)
エノキの実に来る野鳥のつづきです。

イカル(アトリ科)
イカルa01
大きな黄色い嘴が特徴です。
イカルa02
固い木の実もこの嘴でバリバリ割って食べます。
だから私たちの地域では「マメワリ(豆割)」とも言います。
イカルa03
山地の森林で繁殖しますが、冬期は平地で群れているのがよく観られます。
全長23㎝。

ツグミ(ツグミ科)
ツグミa01
遠くシベリア辺りから渡ってくる冬鳥です。
ツグミa02
木の実の他に地上でミミズなども食べます。
全長24㎝。

コゲラ(キツツキ科)
コゲラa01
小さなキツツキです。
コゲラ♂a01
エノキよりも側のマユミの実の方が気に入ったようです。
2羽いましたが、こちらは…
コゲラ♂a02
後頭部に赤い模様が見えるのでオスのようです。
全長15㎝。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、レンズ:トキナーAT-X80-400mmズーム
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<大授搦 カモ | メイン | 南阿蘇ビジターセンター ②>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/218-bc8dc34c

| メイン |