トンボの仲間 夏から秋 ②
2013/11/10(Sun)
もっと早くにアップする予定でしたが、今頃夏のトンボをアップすることになりました。

ハッチョウトンボ♂(トンボ科)
ハッチョウトンボ♂ks01
世界で最も小さいトンボの一つと言われ、全長17~21㎜程しかありません。
丘陵地の限られた湿地等に生息しますが、湿地の開発などで減りつつあるトンボです。
ハッチョウトンボ♂ks02
オスは成熟すると真っ赤になりますが、いわゆる赤トンボ(アカネ属)の仲間ではありません。

ハッチョウトンボ♀ks01
メスは斑模様です。
樫原湿原にて撮影。

ヤブヤンマ♀(ヤンマ科)
ヤブヤンマkt01
とある野外教育施設の壁に止まっていました。
大きなヤンマです。同定に悩みましたがたぶん間違いないと思います。
ヤブヤンマkt02
複眼のアップ。
全長79~93㎜。久留米市にて撮影。

オニヤンマ(オニヤンマ科)
オニヤンマz01
日本最大のトンボで全長82~114㎜になります。
ヤンマ科とは別のオニヤンマ科になります。
女山森林公園にて撮影。

撮影機材 カメラ:ニコンD90、レンズ:DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED 
          他
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<トンボの仲間 夏から秋 ③ | メイン | トンボの仲間 夏から秋 ①>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/192-1da9c9fe

| メイン |