バッタやカマキリの仲間 ②
2013/11/07(Thu)
グリーンピアでは色々なバッタがいたのですが、トノサマバッタしか撮れませんでした。
そこで、他所で撮ったバッタも含めて紹介します。

子どもの頃はよくバッタを捕まえていましたが、種の同定となるとなかなか難しいです。
また、同じ種類でも緑色をしたものと褐色のものがいます。

トノサマバッタ(バッタ科ト)
トノサマバッタg01
空き地など開けた場所でよく見ます、というか足元から突然飛び出して気付くことが多いです。
体長はオスで35~40メスで45~65㎜と大きいです。
ススキ等イネ科の葉を食べます。

オンブバッタ(オンブバッタ科)
オンブバッタ
メスの上にオスが乗っかってる場面をよく見るため、この名があります。
体長はオスで20~25メスで40~42㎜と小さいです。
キク科の葉を食べるそうですが、以前我家の庭のアオジソの葉を食べつくされたことがあります。

イボバッタ(バッタ科)
イボバッタ
一見泥まみれのように見える小さなバッタです。
胸部背面にイボ状の突起があり、人家周辺でもよく見かけます。
体長はオス24㎜、メス35㎜程です。

バッタの幼虫(バッタ科)
バッタの幼虫01
15㎜程のバッタの幼虫です。可愛いですが種が同定できません。

(ニシ)キリギリス(キリギリス科)
キリギリスks01
肉食で他の虫を捕えて食べます。
子どもの頃、ゴマダラカミキリと一緒の籠に入れていたら食べてしまい、鞘羽だけが残っていてショックでした。
体長はオス29~37㎜、メス30~39.5㎜程です。

コカマキリ(カマキリ科)
コカマキリg01
体長40~65㎜の小ぶりのカマキリです。
この個体、目がETっぽく見えませんか?

撮影機材 カメラ:ニコンD90、D7000、レンズ:DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED 
         他
この記事のURL | バッタ目 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<トンボの仲間 夏から秋 ① | メイン | グリーンピア八女のセンチコガネ>>
コメント
-  -
毎日楽しませていただいてますぅ~~~
キリギリスは声はすれど姿は見えずで
なかなか遭遇できません。。。
2013/11/07 23:57  | URL | S.SHIN #k9MHGdfk[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/190-1cdfeecb

| メイン |