大授搦 秋 ⑥
2013/10/29(Tue)
シギやチドリ以外の鳥は、サギの仲間など数は多かったのですが、種類はまだまだでした。
何よりクロツラヘラサギがまだ現れませんでした。

コサギ(サギ科)
コサギdk01
全長61㎝になる嘴と脚が黒く指が黄色のシラサギの仲間。
個体数はたくさんいました。

ダイサギ(サギ科)
ダイサギdk02
全長89㎝になる大型のシラサギです。
嘴は黄色ですが繁殖期には黒くなります。
アオサギ(未撮影)同様たくさんいました。

シチメンソウ(アカザ科)とダイサギ
ダイサギdk01
有明海の秋を彩るシチメンソウが赤く染まり始めていました。
塩水に強く塩性植物と呼ばれています。各地で絶滅しています。
そのシチメンソウの中にダイサギがいました。

ミサゴ(タカ科)
ミサゴdk01
2羽のミサゴが海の上を舞っていました。
時折魚を捕えるために海にダイブしたり、海の中の杭に止まったりしていました。

他には、遠くにカモ2羽、カモメ(セグロカモメ?)2羽を見ました。


撮影機材 カメラ:ニコンD7000 レンズ:タムロンSP400mm×1.4テレコン
この記事のURL | 野鳥 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<大授搦 秋 ⑦ | メイン | 大授搦 秋 ⑤>>
コメント
-  -
二枚目ええなぁ~~~!
2013/10/29 23:32  | URL | S.SHIN #xHucOE.I[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/184-ec9333c0

| メイン |