大授搦 秋 ②
2013/10/26(Sat)
昨夜は職場の会議で遅くなったので、朝の更新です。

この日、ハマシギとオバシギの群れがダントツに個体数が多かったようです。
ただし、シギ・チドリ類の冬羽は似たような色ばかりで種の同定は確実ではありませんので、悪しからずご理解ください。

混群①
群dk01
オバシギ、ハマシギを中心に、ダイゼンやオグロシギが混じっています。

混群②
群dk02
体の大きい方がオバシギで、手前の小さい方がハマシギです。

群翔
群翔dk01
ハマシギの群にオバシギが混じっています。

オバシギ(シギ科)
オバシギdk01
相当数がやって来ていました。
オバシギdk02
シベリア東北部で繁殖し、東南アジアやオーストラリアで越冬します。
日本へは旅鳥として春と秋に渡って来ます。
全長28㎝。

ハマシギ(シギ科)
ハマシギdk01
こちらは、毎年ここで多くが越冬します。
ハマシギdk02
ユーラシアと北アメリカのツンドラ地帯で繁殖します。
ハマシギdk03
全長21㎝。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000 レンズ:タムロンSP400mm×1.4テレコン
この記事のURL | 野鳥 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<大授搦 秋 ③ | メイン | 秋の蝶 ③>>
コメント
-  -
うっわ!
凄い数~~~!
2013/10/26 23:50  | URL | S.SHIN #k9MHGdfk[ 編集]
- Re: タイトルなし -
> うっわ!
> 凄い数~~~!
そうなんですよ!
実際はここに写っていないのももっといるので…
そして多くのカメラマンも…
2013/10/27 00:03  | URL | ウォッシュボードマン #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/180-7fdbe0e4

| メイン |