センチコガネ
2013/10/16(Wed)
今日は風が強く肌寒い一日でした。
これも台風の影響でしょうか?

阿蘇ではセンチコガネも見かけました。
センチコガネのセンチは雪隠(せっちん=トイレ)が訛った言葉です。
名前の通りメスは獣糞を地中に埋め込んで産卵し、幼虫は糞を食べて育ちます。
いわゆる糞虫の仲間です。
阿蘇やくじゅうは放牧地が多く糞虫の仲間も多く見られるようです。
名前とは裏腹に美麗種が多いのも特徴です。

センチコガネ(センチコガネ科)
センチコガネa01
春先から地表近くを飛んでいる姿がよく見られます。

センチコガネa02
体色には変異が多く黒っぽい紫から藍色、金銅色など金属光沢があります。
同じ個体をフラッシュ撮影。

センチコガネa03
光の角度によっても色が変わります。
体長14~20㎜。

ムネアカセンチコガネ(センチコガネ科)
ムネアカセンチコガネa02
こちらは体長10㎜程です。赤と黒のツートンカラーがおしゃれです。
残念ながらこの個体は息絶えていました。

オオセンチコガネ(センチコガネ科)
オオセンチコガネyu01
この個体は、以前由布岳の麓で撮ったものです。
こちらの方がより光沢があり色も緑や赤味が強く綺麗です。

オオセンチコガネyu02
センチコガネとは頭楯の形等が違います。
体長16~22㎜。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、レンズ:DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED 
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<岩清水と秋の花 ① | メイン | アオモンイトトンボ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/173-00b551f0

| メイン |