アオモンイトトンボ
2013/10/15(Tue)
また台風ですが…、進路にあたる皆さんは十分お気を付け下さい。

広域公園にはアオモンイトトンボがたくさんいましたが、他にイトトンボの仲間は見つかりませんでした。

アオモンイトトンボ♂(イトトンボ科アオモンイトトンボ属)
アオモンイトトンボ♂k02
池沼や水田、湿地など色々な水辺で見られるイトトンボです。
アオモンイトトンボk01
地元でも一番普通に見られます。
体長は30~35㎜。

未熟♀
アオモンイトトンボ♀k04
メスの未熟個体は、オレンジ色をしていて綺麗です。


アオモンイトトンボ♀k01
成熟メスにはオスと同じような体色の個体と、地味な色の個体があります。
ウンカのようなものを捕えて食べています。

産卵中の個体
アオモンイトトンボ♀k03
産卵は水草など水中の茎に行います。


アオモンイトトンボ♂k03
よく似たアジアイトトンボとの違いは腹端の青紋です。
アオモンは第8~9節(8節が主)が、アジアは第8~10節(9節が主)が青くなります。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、レンズ:DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<センチコガネ | メイン | 秋の渡りは…? 阿蘇>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/172-044016dd

| メイン |