美麗カメムシ
2013/09/04(Wed)
台風一過で久しぶりに午後からは青空が顔を見せました。
でも、あちこちでこの台風や秋雨前線による自然災害が発生しているようです。
この異常気象は私たちの暮らし方にも原因があるのではないかと思わずにはいられません。

で、先日紹介し忘れていたカメムシです。

アカスジキンカメムシ(キンカメムシ科)
アカスジキンカメムシa01
幾多のカメムシの中でもかなりの美麗種だと思います。
特に日光を浴びるとキラキラ輝き、まるで宝石のようです。
幼虫はミズキ等の葉裏に集まるようです。
体長17~20㎜。阿蘇にて。

成虫へ羽化
アカスジキンカメムシa02
羽化したての個体は黄色でした。横に抜け殻が…。
幼虫は、落ち葉の下等で冬を越し初夏の頃成虫になります。
カメムシ目の仲間は卵~幼虫~成虫と変わる不完全変態です。
同じく阿蘇にて。

佐賀県にて
アカスジキンカメムシt01
天山の麓で見つけました。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000 レンズ:DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED 
この記事のURL | カメムシ目 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<変わった甲虫の仲間 ① | メイン | バッタ・カマキリの仲間>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/150-8487d11a

| メイン |