FC2ブログ
秋の水辺へ ②
2020/09/25(Fri)
アオイトトンボ3種を無事確認でしたので、他の生きものを探しました。
まず目に入ったのがアカトンボの仲間、リスアカネとマユタテアカネが次々に目に入ってきました。

リスアカネ♂(トンボ科)
リスアカネ♂hj200901
翅先が茶色のトンボは数種いますが
リスアカネ♂hj200902
顔面が薄っすら赤味を帯びるのが特徴です。
体長31~46㎜。

マユタテアカネ(トンボ科)
マユタテアカネ♂hj200901
顔面の眉斑が特徴で成熟オスは腹部が赤くなります。
マユタテアカネ♀hj200901
メスは翅先が茶色になるものがあるのですがこれは透明。
体長30~43㎜。

ヒメアカネ♂(トンボ科)
ヒメアカネ♂hj200901
ようやく見つけた顔面が白い成熟オス。
前種より小さく腹部の黒班が目立ちます。
体長28~38㎜。

ハグロトンボ(カワトンボ科)
ハグロトンボ♂hj200901
カワトンボ科の中でも秋まで見られます。
ハグロトンボ♂hj200902
オスの体は金緑色に輝きます。
ハグロトンボ♀hj200901
メスはちょっと地味です。
体長54~68㎜。

タテハモドキ(タテハチョウ科)
タテハモドキhj200901
既に秋型の個体がたくさん飛び回っていました。
タテハモドキhj200902

タテハモドキhj200903
興味ある方は既投稿の夏型と見比べてください(ブログ内検索より)。

タテハモドキの蛹(さなぎ)
タテハモドキ蛹hj200901
エノコログサの茎にぶら下がっていました。
前翅長30㎜前後。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<秋の東与賀干潟へ ③ | メイン | 秋の東与賀干潟へ ②>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/1441-dc217754

| メイン |