FC2ブログ
秋の東与賀干潟へ ②
2020/09/24(Thu)
大授搦のつづきで今日はシギ科の鳥たちです。
シギ科は小型~大型種まで大きさも嘴の形も多様性に富んでいます。嘴に合わせた採餌方法を取ることで上手く競合を避けているのでしょう。

シギ・チドリの群
シギチdk200901

アオアシシギ
アオアシシギdk200901
脚が青緑色です(真ん中)。
アオアシシギdk200902
旅鳥または冬鳥。体長30~34㎝。

コアオアシシギ
コアオアシシギdk200901
前種より小さく個体数も少ない。
旅鳥。体長22~25㎝。

キアシシギ
キアシシギdk200901
脚が黄色です。
キアシシギdk200902
干潟の中よりも水の少ない岸辺でよく見かけます。
旅鳥。体長24~27㎝。

オオソリハシシギ
オオソリハシシギdk200901
上方に反った長い嘴が特徴。
オオソリハシシギdk200902
夏羽の名残の個体が1羽。
旅鳥。体長37~41㎝。

オバシギ
オバシギdk200901
運が良ければ大群に遭遇します。
旅鳥。体長26~28㎝。

ダイシャクシギ
ダイシャクシギdk200901
下方に湾曲した長い嘴が特徴。
ダイシャクシギdk200903
ここでは多数越冬します。
ダイシャクシギdk200902
腰部、翼下面が白色。
ダイシャクシギdk200904
旅鳥または冬鳥。体長50~60㎝。

ホウロクシギ
ホウロクシギdk200903
前種によく似ていますが…
ホウロクシギdk200901
腰部、翼下面が茶色。前はアオアシシギ、後ろはダイシャクシギ。
ホウロクシギdk200902
旅鳥。体長55~66㎝。

チュウシャクシギ
チュウシャクシギdk200901
前2種より嘴が短い。
チュウシャクシギdk200902
旅鳥。40~46㎝。

カメラ:ニコンD7100
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野鳥 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<秋の水辺へ ② | メイン | 秋の水辺へ ①>>
コメント
- 秋の東干潟へ -
ウォッシュボードマン様、今晩は。
度々のご訪問有難うございます。
大中小、様々なシギ類を確認できるそうですね。
気候の違いからか、当地に渡来するシギ類はあまりいないので、
画像を拝見しながら楽しませて頂きました。
2020/09/24 19:19  | URL | Tomie #-[ 編集]
- Re: 秋の東干潟へ -
こちらこそコメントありがとうございます。
いま希少種のヒメハマシギも来ているらしいのですが、
小さいうえに1羽だけなので探しきれませんでした。
また近々行ってみる予定です。
2020/09/25 16:10  | URL | ウォッシュボードマン #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/1440-0fd7f6ea

| メイン |