FC2ブログ
秋の水辺へ ①
2020/09/24(Thu)
連休2日目は南下し隣県の水辺へ。ここは湧水源があり清流が流れ、開けた広い池と樹林に囲まれた小さな池、その周りに湿地や田んぼがあり多様性に富んだ環境です。そして、絶滅危惧種のコバネアオイトトンボの生息地でもありトンボの種類も多様です。
今日はアオイトトンボ3種です。まだ繁殖活動は見られませんでした。

コバネアオイトトンボ(アオイトトンボ科)
コバネアオイトトンボ♂hj200901
オスは金緑色のボディにコバルトブルーの複眼が綺麗です。
コバネアオイトトンボ♂hj200902
こちらはノーフラッシュで撮影。
コバネアオイトトンボ♂hj200903
フラッシュ使用。
コバネアオイトトンボ♂hj200904
ノーフラッシュ。
コバネアオイトトンボ♂hj200905
縁紋(翅にある小さな紋)が短い長方形。
以下はメスです。
コバネアオイトトンボ♀hj200901

コバネアオイトトンボ♀hj200902
産卵しているわけではありません。翅の掃除で腹部を上げ下げ。
コバネアオイトトンボ♀hj200903
体長38~44㎜。

アオイトトンボ(アオイトトンボ科)
アオイトトンボ♂hj200901
こちらは複眼が濃青色。
アオイトトンボ♂hj200902
この種のみ成熟個体は胸部に白粉を帯びます。
メスの腹端は膨らんでいます。
アオイトトンボ♀hj200901
縁紋は長い長方形。
アオイトトンボ♀hj200902
体長35~48㎜。

オオアオイトトンボ♂(アオイトトンボ科)
やっと見つけた1個体。複眼は緑青色。
オオアオイトトンボ♂hj200901
縁紋は長い長方形。
体長40~55㎜。

クロイトトンボ未成熟♂(イトトンボ科)
クロイトトンボ♂hj200901
水路脇の草むらを飛んでいました。
体長27~36㎜。

アオイトトンボの仲間は翅を半開にして静止します。クロイトトンボと見比べてください。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<秋の東与賀干潟へ ② | メイン | 秋の東与賀干潟へ ①>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/1439-4ec71101

| メイン |