FC2ブログ
アオイトトンボの季節
2020/09/17(Thu)
秋になりアオイトトンボの活動が活発になってきていて、隣市のいつもの溜池でも産卵行動が始まっていました。
近々オオアオイトトンボとコバネアオイトトンボの様子も確認に行きたいものです。

アオイトトンボ(アオイトトンボ科)
アオイトトンボ♂ibi200901
7月に確認以来オスの個体数が増えていました。
アオイトトンボ♂ibi200902
全て別個体です。
アオイトトンボ♂ibi200903
ブルーの複眼と金緑色の腹部が特徴で成熟個体は胸部に白粉を帯びます。
アオイトトンボ産卵ibi200901
連結産卵×2ペア
アオイトトンボ産卵ibi200902
抽水植物の茎や葉に産卵します。

アオモンイトトンボ♂(イトトンボ科)
アオモンイトトンボ♂ibi200901
他にも未成熟個体が結構見られました。

ハネビロトンボ♂(トンボ科)
ハネビロトンボ♂ibi200901

ハネビロトンボ♂ibi200902

ハネビロトンボ♂ibi200903
台風に運ばれていたのか個体数が増えていました(5匹確認)。

ショウジョウトンボ(トンボ科)
ショウジョウトンボ♂ibi200901
成熟オスは全身真っ赤になりますが
ショウジョウトンボ♀ibi200901
メスはくすんだ黄色です。
ショウジョウトンボ♀ibi200902

チョウトンボ♂(トンボ科)
チョウトンボ♂ibi200901
まだ残っていた最後の個体?

コフキトンボ♂(トンボ科)
コフキトンボ♂ibi200901
こっちは2個隊確認できました。

タイワンウチワヤンマ♂(サナエトンボ科)
タイワンウチワヤンマ♂ibi200901
まだ数個体がテリトリーを張っていました。

シロバナサクラタデ(タデ科)
シロバナサクラタデibi200901
タデ科の中では大きな花です。

イチモンジセセリ(上)とミヤマチャバネセセリ(セセリチョウ科)
セセリチョウibi200901
ミヤマ…には前翅中央にも白紋があります。

ナミアゲハ(アゲハチョウ科)
ナミアゲハibi200901
アレチハナガサ(外来種)の花に…

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<秋の東与賀干潟へ ① | メイン | 台風一過 その③>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/1437-c9946682

| メイン |