FC2ブログ
台風一過 その②
2020/09/16(Wed)
2日目はグリーンピア八女へ。
ハイイロチョッキリ狙いでしたが、コナラのドングリの状況がかなり悪く出会えませんでした。しかし、前回観られなかったヒメアカネの未成熟~成熟に至る過程の個体が見られました。

ヒメアカネ(トンボ科)
オスの未成熟から成熟に至る過程(赤くなる)がわかるように画像を並べてみました。
ヒメアカネ♂gy200903

ヒメアカネ♂gy200901

ヒメアカネ♂gy200904

ヒメアカネ♂gy200902
成熟すると腹部は真っ赤に顔面は白くなります
ヒメアカネ♂gy200905
以下はメスです。
ヒメアカネ♀gy200902
メスも成熟すると赤味が増します。
ヒメアカネ♀gy200901
ヒメアカネは小さいので草むらに紛れたら見つけるのが大変です。

マユタテアカネ♂(トンボ科)
マユタテアカネ♂gy200901
ヒメアカネと近縁で稀に交雑個体も観られるようです。
マユタテアカネ♂gy200902
顔面の眉班が目立ちます(これが種名の由来)

ツマグロヒョウモン(タテハチョウ科)
ツマグロヒョウモン♂gy200901
オスです。
交尾態(上がメス)
ツマグロヒョウモン交尾態gy200901
メスは毒チョウのカバマダラに擬態していて翅先が黒いのが特徴。

ヒメウラナミジャノメ(タテハチョウ科)
ヒメウラナミジャノメgy200901
何処でも見られます。ヒメが付かないウラナミジャノメはめったに会えません。

ヒメクロホウジャク(スズメガ科)
ヒメクロホウジャクgy200901
ホバリングしながら吸蜜するため口吻が伸びています

ママコナ(ハマウツボ科)
ママコナgy200901
雑木林の林縁に数株咲いていました。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<台風一過 その③ | メイン | 台風一過後の公園へ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/1435-18b09374

| メイン |