FC2ブログ
タマムシの仲間 ③
2020/07/05(Sun)
地元の里山(低山)で、7月に入りタマムシ科の真打、タマムシ(ヤマトタマムシ)が出始めました。他にもここで色々なタマムシの仲間が見られました。
成虫はホストの葉等を食べますが、材に産卵に来るのを待つ方が見つかる確率大です。

タマムシ(ルリタマムシ亜科又はタマムシ亜科)
タマムシky200701
他の種と区別するためにヤマトタマムシという場合もあります。
タマムシky200702
日中木の葉の上で日光を浴びていると中々目立ちません。
ホストはエノキやケヤキ、サクラ、クヌギ等広葉樹の立枯れや伐採木。
体長30~41㎜。

アオマダラタマムシ(ルリタマムシ亜科又はタマムシ亜科)
アオマダラタマムシky200601
これも綺麗なタマムシです。
アオマダラタマムシky200602
タマムシは材に産卵に来ますのでその時がシャッターチャンスです。
アオマダラタマムシky200603
ホストはモチノキ科のようです。
体長17~29㎜。

マスダクロホシタマムシ(ルリタマムシ亜科又はタマムシ亜科)
マスダクロホシタマムシky200601
小さくて美麗なタマムシです。
マスダクロホシタマムシky200701
タマムシの上翅は構造色なので光の具合で色が変化します。
ホストはスギやヒノキ。
体長7~13㎜。

オオムツボシタマムシ(クロタマムシ亜科又はタマムシ亜科)
オオムツボシタマムシky200601
めったに出会えないタマムシで今回2度目の出会いです。
オオムツボシタマムシky200602
前回はクリの立枯れ、今回コナラの伐採木にやって来ました。
オオムツボシタマムシky200603
ホストはブナ科だろと推測されます。
体長14~20㎜。

ムツボシタマムシ(クロタマムシ亜科又はタマムシ亜科)
ムツボシタマムシky200601
前種の半分くらいの大きさです。
ムツボシタマムシky200602
こちらの方が光沢感があります。
ホストはブナ科を中心とした各種広葉樹。
体長7~12㎜。

ミヤマナカボソタマムシ(ナガタマムシ亜科)
ミヤマナカボソタマムシaso200601
よく見かけるシロオビナカボソタマムシより一回り大きい綺麗なタマムシ。
ホストはサワフタギのようです。
体長10~13㎜。これのみ阿蘇で撮影。

ムネアカチビナカボソタマムシ(ナガタマムシ亜科)
ムネアカチビナカボソタマムシz200601
これも微小な光沢のあるタマムシです。
ムネアカチビナカボソタマムシz200602
ホストはアカメガシワ。腹部が少しくびれているので中細(ナカボソ)です。
体長4~5㎜。

シラホシナガタマムシ(ナガタマムシ亜科)
シラホシナガタマムシky200702
濃緑色の光沢のあるタマムシ。
シラホシナガタマムシky200701
ホストであるエノキの伐採木に次々に飛来しました。
体長9~14㎜。

クロナガタマムシ(ナガタマムシ亜科)
クロナガタマムシz200601
青みがかった黒色が美しいタマムシです。
ホストはブナ科。
体長10~15㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<カミキリムシの仲間 ④ | メイン | 6月の蝶 ②>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/1412-d1ba09b3

| メイン |