カミキリムシ
2013/08/12(Mon)
立秋を過ぎましたが全国的に猛暑が続いています。
昨日は久しぶりに女山森林公園へ出かけたのですが、あまりの暑さに昆虫たちも
日陰に隠れているのか、あまり姿を見ませんでした。
今回も過去画像が多いです。

ガロアケシカミキリ(フトカミキリ亜科)
ガロアケシカミキリh01
体長3.3~6.8㎜とおよそカミキリムシらしくない小ささです。
星野村の折れたクヌギの枝にいました。

カップル
ガロアケシカミキリh02
横から撮ってみましたが、小さすぎてピント合わせに苦労します。

ヨツスジトラカミキリ♀(カミキリ亜科)
ヨツスジトラカミキリ♀n01
割と普通に見られるカミキリですが、アシナガバチに擬態していると言われています。
体長14~19.5㎜。

産卵中
ヨツスジトラカミキリ♀n02
立ち枯れのクリの木?に産卵していました。

キボシカミキリ(フトカミキリ亜科)
キボシカミキリh01
平地のイチジクの木で見かけます。
この個体は星野村の桑の木の葉にいました。
体長15~30㎜。

ホシベニカミキリ(フトカミキリ亜科)
ホシベニカミキリg01
成虫はタブノキの幹を齧って産卵します。昔、出張で行った神奈川県の葉山にある研修施設敷地のタブノキ林で多くの個体を見たのが初出会いです。
体長18~25㎜。グリーンピア八女にて。

タキグチモモブトホソカミキリ(カミキリ亜科)
タキグチモモブトホソカミキリy01
かなり珍しい種類のカミキリのようで絶滅危惧種に指定されている所もあるそうです。
矢部村の伐採木に来て産卵しているところをたまたま見つけました。

正面
タキグチモモブトホソカミキリy02
体長7~12.5㎜。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000 レンズ:DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED 
      他多数
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<Autoharp(オートハープ) ③ | メイン | Autoharp(オートハープ) ②>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/137-19a0d275

| メイン |