Autoharp(オートハープ) ②
2013/08/11(Sun)
アメリカには個人でオートハープを作るビルダーが結構います。
もっとも有名なのは、Orthey AutoharpsのGeorge Ortheyで世界中に多くのオーナーがいます。日本にも箕田泰生さん(KotoKotoHarp)というビルダーがいます。
材の種類からコードバーの組み合わせなど好みに合せて作ってもらえます。
アメリカ製の価格はドル計算です。為替レートに左右されますので、円高の時に買えばかなりお得です。

Blue Ridge(ブルーリッジ)正面
Blue Ridge01
アメリカのオートハープサイトを検索中に、ここのをHP発見。
ビルダーでありオートハーププレイヤーでもあるJohn Hollandsworth(の奥さん)と
メールのやり取りでオーダーしました(翻訳サイトを上手く利用しました)。
オーダー後、約1年で完成し届きました。
表板はスプルース単板。

サウンドホール
Blue Ridge02
カエデ(と思っていたら実はイエローポプラだそう)のサウンドホールが気に入って、
思い切ってオーダーすることに…

コードバー
Blue Ridge03
21本のコードバーが並んでいます。
この組合せと並びは人それぞれで違いますので、
他人のハープは弾き辛いということに…
バーはウォールナット(クルミ)、ボタンはメイプル(カエデ)です。

側面
Blue Ridge04
イミテーションのべっ甲セルのバインディング。

後面
Blue Ridge05
側板と後板はウォールナット単板。

フェルト
Blue Ridge06
コードバーの下面にはフェルトが貼られており、コードの構成音に合せて切り欠かれています。
これを指で押し下げて必要な音以外をミュートします。

チューニングペグ
Blue Ridge07
37本の弦を巻いたり弛めたりして音を合わせます。
弦の交換は結構大変です。

エンド(底面)
Blue Rigde08
ここ(板で隠れています)に弦を引っ掛けてペグに通します。
手前の黒い部分はファインチューナーと言って、ネジを微調整しながら微妙なチューニングができるという画期的なシステムです。

Karen Mueller(カレン ミューラー)
女性のオートハーパーは多いのですが、この人の演奏は、テクニックは当然のことながら
切れがよく微妙なニュアンスが表現されます。CDは数枚出ています。
実は、マウンテンダルシマーという楽器の名手でもあります。
Solo AutoharpSolo Autoharp
(2012/07/27)
Karen Mueller

商品詳細を見る


The Kilby Brothers(ザ キルビー ブラザーズ)
オートハープとギターの兄弟コンビ。
Autoharp PraiseAutoharp Praise
(2003/06/24)
Kilby Brothers

商品詳細を見る

二人の父親は伝説のプレイヤーKilby Snowです。
左利きで通常とは違う面白い弾き方をします。
Kilby Snow: Country Songs & Tunes With AutoharpKilby Snow: Country Songs & Tunes With Autoharp
(2012/05/30)
Kilby Snow

商品詳細を見る


Blue Rigde09
この記事のURL | 楽器 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<カミキリムシ | メイン | 甲虫(コウチュウ) ①>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/136-e8addba6

| メイン |