FC2ブログ
干拓地の猛禽類
2020/01/14(Tue)
昨日(13日祝)は恒例の大授搦詣ででした。詳細は明日以降にブログにアップします。
今日は柳川市と大授搦の隣の佐賀空港そばの干拓地で出会った猛禽たちです。
猛禽類は肉食ですので餌を引き裂きやすいように嘴が鋭く湾曲しています。

ミサゴ(ミサゴ科)
ミサゴdk200101
上空から魚を狙います。これは佐賀空港そばでの撮影。以下は柳川市です。
ミサゴygw200102
電柱の上で捉えた魚を食べている個体があちこちの電柱に…
ミサゴygw200101
車中からの撮影なので結構近くまで寄れます。
ミサゴygw200103
中々精悍な面構えです。
ミサゴygw200104
畑に降りている個体も…
全長55~63cm、翼開長157~174cm。留鳥。

ハヤブサ(ハヤブサ科)
ハヤブサygw200101
遠くの電線に大きめの鳥影を発見。双眼鏡で覗くとハヤブサです!
ハヤブサygw200102
車でちょっと撮影しては少し近付きます。
ハヤブサygw200103
これを繰り返し10m位まで寄れました。
ハヤブサygw200104
胸から腹部にかけての斑紋が目立つ若鳥でした。
ハヤブサygw200105
全長42~49cm、翼開長97~110cm。ここ(柳川市)では漂鳥。

モズ♀(モズ科)
モズ♀ygw200101
小さな猛禽と呼ばれ、昆虫やトカゲ・カエル等を捕えます。
全長20㎝。留鳥。柳川市。

ノスリ(タカ科)
ノスリdk191201
トビに似ていますが翼下面が白くちょっとずんぐりした印象です。
全長52~57cm、翼開長120~140cm。漂鳥。佐賀空港そば。

チュウヒ(タカ科)
チュウヒdk200101
広大なアシ原の上を翼をV字にして飛翔する姿がよく見られます。
珍しく止まっている画像ですが、遠かったので大きくトリミングしています。
全長48~58cm、翼開長110~140cm。佐賀空港そば。

他にもチョウゲンボウを見たのですが撮影前に飛んで行ってしまいました。

カメラ:ニコンD7100
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2020年最初の大授搦へ ① | メイン | 干拓地の鳥たち>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/1335-979522a6

| メイン |