アオバズク
2013/08/05(Mon)
アオバズク(フクロウ科)
東南アジアで越冬し夏鳥として渡って来る、体長30㎝ほどのフクロウの仲間。
大木の伐採などの繁殖環境の悪化や越冬地の開発などで、数が減っています。
「ホーッホーッ」と鳴くのが特徴で、いわゆるフクロウの声といわれる声です。
子どもの頃は家の近所でも鳴き声が聞こえていました。

最初に見つけた日の画像
アオバズクy01
ちゃんと意識して観察したのは3年前の福岡市近郊の神社でした。
そして一昨年の初夏、地元のとある神社の大きなクスノキにアオバズクがいるのを発見。

日中(午前中)の画像
アオバズクy02
何となく眠たそうで目を閉じていることが多いです。

アオバズクy03
巣を見守るお父さん?

その年は数回そこへ通い、巣立ちまで確認することができました。
巣立ち雛1
アオバズク幼鳥y01

雛2
アオバズク幼鳥y02

雛3
アオバズク幼鳥y03
この年は3羽の雛が巣立ちました。

雛を見守るお母さん?
アオバズクy04

ファミリー
アオバズクファミリーy01
親と子(2羽)がいるのが分かりますか?

そして、昨年も同じ場所で親鳥を確認
アオバズクy05
あいにく巣立ちの時には間に合いませんでしたが…。

毎年同じ場所で繁殖するといいます。
しかし、今年は数回通っても親鳥を確認できませんでした。
アオバズクが繁殖するためには、巣穴に利用できる大きな洞のある大木と、餌となる小鳥や大型昆虫が生息する環境が必要です。
年々そういう環境が無くなっていく寂しさを感じます。
来年また戻ってきてくれることを祈るばかりです。

撮影機材 カメラ:ニコンD90&D7000 レンズ:タムロンSP400mm×1.4テレコン
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<Autoharp(オートハープ) ① | メイン | マウンテンゴリラ合宿(8月)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/133-b49f2c74

| メイン |