FC2ブログ
冬鳥探索で林縁部を…
2019/12/06(Fri)
低山等の林縁部を中心に小鳥を探索しました。

ルリビタキ(ヒタキ科)
ルリビタキ♂krs191101
今年もやって来ました!綺麗なブルーのオスです!
ルリビタキ♀krs191101
こちらはメスタイプ(若オスの可能性も…)。
全長14㎝。漂鳥。

ジョウビタキ(ヒタキ科)
ジョウビタキ♂krs191101
ルリビタキよりも開けた場所(人家周辺にも)で見られます。
ジョウビタキ♂krs191102
オスの腹部は綺麗なオレンジ色。
ジョウビタキ♀krs191101
こちらはメス、オスもメスも羽に白い紋があるので紋付(もんつき)とも呼ばれます。
全長15㎝。冬鳥。

シロハラ(ヒタキ科)
シロハラck191101
地面でミミズや昆虫を探す様子がよく見られます。
全長24㎝。冬鳥。

ホオジロ♀(ホオジロ科)
ホオジロ♀kys191101
「チチッ」という地鳴きで存在に気付きます。
全長16㎝。留鳥。

メジロ(メジロ科)
メジロkrs191101
冬季は人家周辺でも見られ、庭に置いたミカン等を食べに来ます。
全長12㎝。留鳥。

エナガ(エナガ科)
エナガkrs191101
イロハカエデの幹や葉裏などを餌(小昆虫)を探して動き回っていました。
エナガkrs191102
冬季はシジュウカラやヤマガラ等と混群を形成します。
全長14㎝。留鳥。

カメラ:ニコンD7100
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<クロツラヘラサギとヘラサギ | メイン | 冬鳥探索で平野部を…>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/1322-1ce0eb18

| メイン |