FC2ブログ
トンボの季節 ⑧
2019/11/09(Sat)
赤トンボはトンボ科アカネ属のトンボの総称(代表がアキアカネ)ですが、中にはアカネ属であっても赤くならない種がいます。逆にアカネ属ではないけれども赤くなる種も多くいます。
なお、赤くなるのはオスだけです。
今日はそんなアカネ属以外の赤?トンボの仲間(トンボ科)です。

ショウジョウトンボ(ショウジョウトンボ属)
ショウジョウトンボ♂os191001
身近で最も普通に見られる赤トンボでオスは全身(翅の基部も)が真っ赤になります。
ショウジョウトンボ♂os191002
全長41~55㎜。

ベニトンボ(ベニトンボ属)
ベニトンボ♂os191001
元々南方系の種ですが、近年生息域が北上しているようです。
ベニトンボ♂os191002
赤というより名前の通り妖艶な紅色です。
ベニトンボ♂os191003
池の縁石の上で縄張りを張っていて
ベニトンボ♂os191004
他のトンボが近付くとスクランブル飛翔しまた戻ってきます。
ベニトンボ♂os191005
ズームレンズの広角側で近付いてみました。
ベニトンボ♂os191006
飛翔写真にも挑戦しましたが中々難しい…
ベニトンボos191001
交尾態で飛翔しこの後メスが単独で打水産卵を始めました。
ショウジョウとベニos191001
比較画像(大きい方はショウジョウトンボ)。
全長32~43㎜。

ハネビロトンボ♂(ハネビロトンボ属)
ハネビロトンボ♂os191003
こちらも南方系の種ですが全国各地に飛来記録があるようです。
ハネビロトンボ♂os191002
下から見ると翅の広さや基部の褐色斑がよくわかります。
ハネビロトンボ♂os191001
全長51~58㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
    DX ZOOMNIKKOR 18-135㎜
    1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | トンボ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<トンボの季節 ⑨ | メイン | トンボの季節 ⑦>>
コメント
- 赤いトンボ -
お早うございます
早朝から赤いトンボとイトトンボの貴重な写真を繰り返し拝見させて頂きました
こんなに色んなトンボを撮影されるのは神業だと思ってしまいます
それに同じように見えてしまうトンボ達の説明も凄いですね
野鳥でも昆虫でも山野や水辺を歩けば身近に出会いが待っていますね
頑張って探してみます
2019/11/12 07:19  | URL | ぼん天棒 #-[ 編集]
- Re: 赤いトンボ -
> お早うございます
> 早朝から赤いトンボとイトトンボの貴重な写真を繰り返し拝見させて頂きました
> こんなに色んなトンボを撮影されるのは神業だと思ってしまいます
> それに同じように見えてしまうトンボ達の説明も凄いですね
> 野鳥でも昆虫でも山野や水辺を歩けば身近に出会いが待っていますね
> 頑張って探してみます
ぼん天棒さんこんにちは!
トンボは水辺があれば大体見られますね。
ただし環境指標生物と言われるように
池沼や河川の状態や水質によって観られる種は様々です。
色んな水辺へ出かけてみると新たな発見もあったりします!
2019/11/12 16:55  | URL | ウォッシュボードマン #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/1315-f7d36375

| メイン |