FC2ブログ
秋のチョウ 10月
2019/10/30(Wed)
久しぶりのブログ更新となってしまいました。

10月に入り種数は減りましたがチョウ達はまだ健在です。
フィールド違いで残念ながら渡り途中のアサギマダラには出会えていませんが、昨日(28日)までに見かけたチョウです。

(ナミ)アゲハ(アゲハチョウ科)
アゲハyg191001
そろそろ見られなくなるチョウです。
前翅長35~60㎜。

イシガケチョウ(タテハチョウ科)
イシガケチョウyg191001
同じ種でも色合いが違います。
イシガケチョウyg191002
前翅長26~36㎜。

ヒメアカタテハ(タテハチョウ科)
ヒメアカタテハyg191001
秋によく見かえるチョウです。
ヒメアカタテハyg191002
前翅長25~33㎜。

タテハモドキ(タテハチョウ科)
タテハモドキyg191001
秋型が多数飛び回っていました。
タテハモドキyg191002
前翅長26~36㎜。

ヤマトシジミ(シジミチョウ科)
ヤマトシジミ♀z191001
人家の周りでもよく見られるチョウです。
ヤマトシジミ♀z191002
前翅長9~16㎜。

ツバメシジミ(シジミチョウ科)
ツバメシジミ♂dk190901
こちらも身近でよく見られます。
前翅長9~19㎜。

ウラナミシジミ(シジミチョウ科)
ウラナミシジミos191001
これも秋に多く見られます。
ウラナミシジミos191002
前翅長13~18㎜。

ムラサキツバメ(シジミチョウ科)
ムラサキツバメos191001
幼虫の食草のクヌギの樹から舞い降りてきました。
前翅長20~25㎜。

イチモンジセセリ(セセリチョウ科)
イチモンジセセリibi191001
晩秋まで見られるセセリチョウです。
イチモンジセセリibi191002
一見地味に見えますが…
イチモンジセセリibi191003
よく見ると複眼が可愛くきれいなチョウです。
イチモンジセセリibi191004
前翅長15~21㎜。

キマダラセセリ(セセリチョウ科)
キマダラセセリz191001
前翅長13~17㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     DX ZOOMNIKKOR 18-135㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<10月の甲虫 | メイン | 9月末の大授搦 ③>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/1310-19388e35

| メイン |