タマムシ
2013/08/03(Sat)
タマムシ科の仲間は初夏から夏にかけてが最盛期です。
体長数ミリのチビタマムシの仲間から大型種まで様々です。
特にメタリックカラーの美しい種は天気の良い日中によく活動するようです。
太陽を反射する木の葉にいると保護色になって目立ちません。

ヤマトタマムシ
ヤマトタマムシy01
タマムシといえばこの種が有名です。
林内よりも林縁で見かけることが多く、伐採木などにもやってきます。
体長25~40㎜。
ケヤキの伐採木にやってきた個体

ヤマトタマムシy02
材の割れ目に産卵中です。

ヤマトタマムシg01
立ち枯れ木にやってきた個体

ヤマトタマムシy03
飛び立つ瞬間


アオマダラタマムシ
アオマダラタマムシg10
以前紹介した場所にいました
体長17~29㎜。

ケヤキナガタマムシ
ケヤキナガタマムシy01
ナガタマムシの仲間は似たような種が多く判別に迷います。
ケヤキの伐採木に来ていました。
体長8~11㎜と小さいです。

ケヤキナガタマムシy02
産卵中の個体

マスダクロホシタマムシ
マスダクロホシタマムシh01
広葉樹の伐採木に集まるタマムシが多い中、
スギやヒノキの伐採木(それも新しい)に
やって来ます。体長8~13㎜。

マスダクロホシタマムシh02
スギの皮の下に産卵します。

マスダクロホシタマムシh03
赤味の強い個体

撮影機材 カメラ:ニコンD7000 レンズ:DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED

今夜は、毎月恒例のバンドの合宿で~す!
この記事のURL | 甲虫 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<マウンテンゴリラ合宿(8月) | メイン | ヒゲナガゾウムシ>>
コメント
-  -
昔はよくタマムシが飛んできましたが
今はめっきり見なくなりました。
七色に輝くタマムシ、また直に見てみたいです!
2013/08/03 23:29  | URL | S.SHIN #k9MHGdfk[ 編集]
- Re: タイトルなし -
> 昔はよくタマムシが飛んできましたが
> 今はめっきり見なくなりました。
> 七色に輝くタマムシ、また直に見てみたいです!
こちらでも、平地では本当に見る機会が減りましたねぇ…
2013/08/04 16:10  | URL | ウォッシュボードマン #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/131-cc8d3112

| メイン |