FC2ブログ
ドングリに付く虫たち
2019/09/19(Thu)
夏が終わり甲虫の仲間を見る機会が減ってくる中、秋が活動の中心になる虫たちがいます。
クヌギやコナラ等のドングリをホストとして利用するゾウムシの仲間です。

ハイイロチョッキリ(オトシブミ科チョッキリゾウムシ亜科)
コナラgy190901
8月の終わりから10月にかけて森の中を歩くと枝付きのドングリがたくさん見つかります。
ハイイロチョッキリ♀osw190901
ハイイロチョッキリの仕業です。(コナラのドングリに…)
ハイイロチョッキgy190901
メスはドングリに口吻で穴をあけて産卵し、枝を切り落とすのです。
ハイイロチョッキリ♀osw190902
結構毛深い…
ハイイロチョッキリ♀osw190903
シギゾウムシより早く現れるようです。
ハイイロチョッキリ♀osw190904
体長7~9.1㎜。

コナラシギゾウムシ(ゾウムシ科)
コナラシギゾウムシhr190901
コナラのドングリに穿孔中。
コナラシギゾウムシhr190902
シギゾウの仲間は枝を切り落としません。ドングリは自然に落下します。
体長5.5~10㎜。

クヌギシギゾウムシ(ゾウムシ科)
幼虫はドングリの中身を食べ終わると土中に潜って蛹化します。
クヌギシギゾウムシuk190901
クヌギのドングリの傍で…
クヌギシギゾウムシuk190902
体長9.5㎜。

クリシギゾウムシ(ゾウムシ科)
クリシギゾウムシgy190901
クリのイガの隙間から産卵するため口吻はとっても長~い!
折れた枝から出る樹液を吸っているようです。
ちなみにシギゾウの産卵管は口吻と同じくらい長いそうです。
体長6~10㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<トンボの季節 ⑥ | メイン | セイボウ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/1305-27d31170

| メイン |