FC2ブログ
トンボの季節 ①
2019/08/14(Wed)
連日の猛暑と盆の準備で家で外出するのもままならず…さらには大型台風も接近中でちょっとストレス溜まり気味です。
暑いと水辺が恋しくなりますが、水辺にはトンボが付きものということで、撮り貯めていたトンボの画像をアップします。

オオシオカラトンボ♂(トンボ科)
オオシオカラトンボ♂ck190601
シオカラトンボより青みが強く翅の付け根が紺色を帯びます。
オオシオカラトンボ♂ib190601
体長49~61㎜。

シオカラトンボ♂(トンボ科)
シオカラトンボ♂ib190601
最も普通に見られるトンボです。
体長47~61㎜。

コフキトンボ(トンボ科)

コフキトンボ♂ck190601
前2種に似ていますが体長に比べて複眼が大きいのが特徴。
コフキトンボ♂ck190602
オスは成熟すると白粉を吹きます。

コフキトンボck190601
腹部側面に黄色が入ります。
コフキトンボck190602
体長37~48㎜。

ヨツボシトンボ(トンボ科)
ヨツボシトンボib190601
7月には姿を消してしまうトンボです。
体長38~52㎜。

ショウジョウトンボ♂(トンボ科)
ショウジョウトンボ♂ib190601
オスは真っ赤になりますがアカネ(所謂赤トンボ)の仲間ではありません。
体長41~55㎜。

ミヤマカワトンボ♂(カワトンボ科)
ミヤマカワトンボ♂yy190701
丘陵地から山地の渓流で見られます。
体長65~80㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<トンボの季節 ② | メイン | 阿蘇へ(8864) 後編>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/1293-9805a095

| メイン |