FC2ブログ
久しぶりに広域公園 ①
2019/06/21(Fri)
7月20~21日の『子どもキャンパス』(NPO法人まちづくりネットワーク筑後主催)に向けて、久ぶりに筑後広域公園へ行ってきました。
コアジサシがたくさん渡ってきていました。また、ここでは初めてチョウトンボを複数確認できました。公園化によって見られなくなった生き物と逆に住み着くようになったものとがいるようです。まだ整備工事は続いていますので、推移を見守りたいと思います。

コアジサシ(カモメ科)
コアジサシck190601
環境省RDBでは絶滅危惧Ⅱ類の指定を受けています。
コアジサシck190602
日本へは本州以南に夏鳥として渡ってきて砂浜や河原の石の間等で子育てをします。
コアジサシck190603
今までは1~2番を確認するだけでしたが、10羽以上が渡ってきていると推測されます。
コアジサシck190604
公園内の人工池の上を飛び交っていました。
コアジサシck190607
時折水面にダイブし小魚を捕える様子が頻繁に見られました。
コアジサシck190605
獲物の奪い合いが頻繁に起こります。
コアジサシck190606
3羽で奪い合い
コアジサシck190608
時々行うホバリングはシャッターチャンス!
コアジサシck190609
常に飛び続けるので撮影はなかなか大変でした。
コアジサシck190610
全長28㎝、翼開長53㎝。

アオサギ(サギ科)
アオサギck190601
サギの中でも最大級の種で、ここでは年間を通して観られます。
全長93㎝。

ヒバリ(ヒバリ科)
ヒバリck190601
「ピーチク、パーチク…」の鳴き声で有名な留鳥です。
全長17㎝。

ムクドリ(ムクドリ科)
ムクドリck190601
左は今年生まれの幼鳥です。
全長24㎝。

カイツブリの親子(カイツブリ科)
カイツブリib190601
隣市の貯め池にて…
全長26㎝。

バンの雛(クイナ科)
バンの雛ib190601
同じ池で…親もいたのですがハスの間に隠れてしまいました。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<6月のカミキリムシ Ⅰ | メイン | 梅雨はどこへ…阿蘇へ(後編)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/1278-cdfd36c2

| メイン |