FC2ブログ
梅雨はどこへ… 阿蘇(前編)
2019/06/17(Mon)
金曜日は少し降って土曜日は夕方前にはあがっていました。
水不足を心配しながらも日曜日(6/16)は阿蘇へ。目的のチョウ3種のうち2種の撮影に成功しました。一緒に回ったUさんN君ありがとうございました。

ウラゴマダラシジミ(シジミチョウ科)
ウラゴマダラシジミat190600
ゼフィルスの中では唯一尾状突起が無いチョウです。
平地でも普通に見かけるベニシジミやヤマトシジミ、ルリシジミ等と比べると
一回り大きいシジミチョウです。また黒班は翅の外縁に沿って見られます。
ウラゴマダラシジミat190605
現地到着が10:00過ぎ、ぽつりぽつりと姿を現し…
11:00過ぎから14:00過ぎくらいまで活発に飛び回ったり…
ウラゴマダラシジミat190606
食草のヤナギイボタの花で吸蜜したり葉上で止まったり…
ウラゴマダラシジミat190602
4頭集結!
ウラゴマダラシジミat190601

ウラゴマダラシジミat190604
時折低い位置に止まって開翅してくれました。
ウラゴマダラシジミat190603
前翅長17~25㎜。

カラスシジミ(シジミチョウ科)
カラスシジミat190601
ゼフィルスの仲間ではありませんが尾状突起があります。
カラスシジミat190602
羽化したての個体のようで翅も完全で色彩もハッキリした美しい個体です。
カラスシジミat190603
この日観たのは1個体のみでした。ホストはハルニレです。
前翅長16㎜前後。

ヒオドシチョウ(タテハチョウ科)
ヒオドシチョウat190601
想定外の新成虫との出会いでした。
ヒオドシチョウat190602
翅裏は地味~で目立ちません。
ヒオドシチョウat190603
翅表の朱色が鮮やかな個体でした。
前翅長32~42㎜。

後編では、その他のチョウと甲虫をアップ予定です。
それにしても雨は…?

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<梅雨はどこへ…阿蘇へ(後編) | メイン | マイフィールド巡回 ②>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/1276-cfb3f6a4

| メイン |