FC2ブログ
6月最初の8864の会 ②
2019/06/12(Wed)
6月に入り、カミキリの仲間が多く観られるようになりました!
チョウはゼフィルスのシーズン突入です。ウラゴマダラシジミを数頭確認できました。残念ながら止まってくれなかったので画像はありません…(*_*;

ホソキリンゴカミキリ(フトカミキリ亜科)
ホソキリンゴカミキリat190601
腹部が黒っぽいのが特徴です。
ホソキリンゴカミキリat190602
ホストはハギ類、フジ。
体長12~19㎜。

ニセリンゴカミキリ(フトカミキリ亜科)
ニセリンゴカミキリat190601
ホストのスイカズラの葉脈部分を食べるので、
ニセリンゴカミキリat190602
食べられた葉にはスリット状の食痕があります。
ニセリンゴカミキリat190603
体長11~18.3㎜。

モモグロハナカミキリ(ハナカミキリ亜科)
モモグロハナカミキリat190601
よく見ると胸背部にコブがあります。
モモグロハナカミキリat190602
体長7~15㎜。

ニセシラホシカミキリ(フトカミキリ亜科)
ダイセンカミキリat190601
帰り際再訪したらサワフタギの葉上にたくさんいました!
ダイセンカミキリat190602
別名ダイセンカミキリとも言います。ミズキやナツツバキ等の葉上でも見かけます。
ダイセンカミキリat190603
体長8~12㎜。

つづいてハムシの仲間です。

キボシツツハムシ(ツツハムシ亜科)
キボシツツハムシat190601
ホストはコナラやシイ類となっていますが、ここではハギによくいます。
キボシツツハムシat190603
複眼が長くてオモシロイ!手に乗せると米粒みたいです。
キボシツツハムシat190602
体長34.3㎜。

ジュウシホシクビナガハムシ(クビボソハムシ亜科)
ジュウシホシクビナガハムシat190601
アスパラガスの害虫として有名。阿蘇では同じ仲間のキジカクシにいます。
体長6~7㎜。

モンキアシナガハムシ(ヒゲナガハムシ亜科)
モンキアシナガハムシat190601
ホストはダイズやウリ類。
体長3.6~4㎜。

カタクリハムシ(ノミハムシ亜科)
カタクリハムシat190601
ユリ科植物を加害します。
体長5~6.9㎜。

ムネアカサルハムシ(サルハムシ亜科)
ムネアカサルハムシat190601
ホストはクマイチゴとクリの花。
体長4.2~5.5㎜。

最後はこれです!
クズノチビタマムシ(チビタマムシ亜科)
クズノチビタマムシat190601
名前の通りクズの葉がホストです。
体長3~4㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<マイフィールド巡回 ① | メイン | 6月最初の8864の会 ①>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/1273-a3264121

| メイン |