FC2ブログ
春から初夏へ…④
2019/04/27(Sat)
オトシブミもチョッキリもゾウムシ上科に分類される広い意味でゾウムシの仲間です。
今日はゾウムシ達も一緒に…

ベニホシハマキチョッキリ(チョッキリゾウムシ科)
ベニホシハマキチョッキリyh190401
ドロハマキチョッキりの西日本亜種でこの仲間の中では1・2位を争う美麗種です。
ベニホシハマキチョッキリ♂yh190401
肩にトゲがあるこちらはオスです。
ベニホシハマキチョッキリ♀yh190401
こっちはメスです。ブナ科。ケヤキ、ヤマザクラ、イタドリ等を葉巻状に葉を巻きます。
ベニホシハマキチョッキリyh190402
メス1に絡むオス2と離れたところにもう1匹。
体長6㎜前後。

コナライクビチョッキリ(チョッキリゾウムシ科)
コナライクビチョッキリgy190401
ホストはコナラ。オトシブミほど凝った巻き方はしません。
体長3.5~4.5㎜。

イチゴハナゾウムシ(ゾウムシ亜科)
イチゴハナゾウムシks190401
キイチゴやサクラなどバラ科の花や葉でよく見られます。
イチゴハナゾウムシks190402
体長3㎜。

レロフチビシギゾウムシ(ゾウムシ亜科)
レロフチビシギゾウムシgy190401
これも微小種でコナラやクヌギにいます。
体長1.8~2.7㎜。

クロハモグリゾウムシ(ゾウムシ亜科)
クロハモグリゾウムシz190401
ハゼの新葉の根元にいました。
クロハモグリゾウムシz190402
指に乗せるとゴマ粒のようです。
体長2.6~2.8㎜。

カシワクチブトゾウムシ(クチブトゾウムシ亜科)
カシワクチブトゾウムシyh190401
コナラやクヌギなどブナ科の葉にいます。
体長4.7~5.1㎜。

ツンプトクチブトゾウムシ(クチブトゾウムシ亜科)
ツンプトクチブトゾウムシyh190401
前種と同じような環境で見られますが、より稀です。
体長5.5~6.8㎜。

キュウシュウヒゲボソゾウムシ?(クチブトゾウムシ亜科)
ヒゲボソゾウムシks190401
似たような種が多いので…
体長8.5㎜。

チャバネキクイゾウムシ(キクイゾウムシ亜科)
チャバネキクイゾウムシks190401
伐られたフジ弦に集まっていました。
チャバネキクイゾウムシks190402
体長3.5㎜前後。

カメラ:ニコンD7100
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<春から初夏へ…⑤ | メイン | 春から初夏へ…③>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/1262-010073fb

| メイン |