FC2ブログ
遅ればせながら春の花を…①
2019/03/29(Fri)
大授搦はまだ続きますが、ちょっと時期を逃しそうなので、今月見つけた花たちをアップします。彼方此方で観たものが混ざっています。

オドリコソウ(シソ科)
オドリコソウz190301

オドリコソウz190302
子どもの頃、よく花弁を抜いて蜜を吸ってました。

カキドオシ(シソ科)
カキドオシygd190301
まだ背丈が低いですがこれからどんどん伸びていきます。

キュウリグサ(ムラサキ科)
キュウリグサygd190301
2~3㎜の可愛い小さな花です。葉や茎を揉むとキュウリの匂いがします。

コスミレ(スミレ科)
コスミレygd190301

コスミレygd190302
春早く咲き始めます。花色に変異が多いのも特徴です。

スミレ(スミレ科)
スミレz190301

スミレz190302

スミレz190303
何も付かないただのスミレです。学名スミレアンジュリカ。

タチツボスミレ(スミレ科)
タチツボスミレygd190301
これも花期は早い方です。

ナガバノタチツボスミレ(スミレ科)
ナガバノタチツボスミレygd190301
前種に比べ葉が長く葉先が尖ります。

ツボスミレ(スミレ科)
ツボスミレsk190301
白い小さなスミレ。別名ニョイスミレ。

ノジスミレ(スミレ科)
ノジスミレsk190301
平地では早くから咲いています。

シロバナタンポポ(キク科)
シロバナタンポポz190301
在来種のタンポポで、地元ではこれが普通種です。

タビラコ(キク科)
タビラコz190301
スッと伸びた茎の先に小さな黄色い花を付けます。
仲間のコオニタビラコは春の七草の「ホトケノザ」です。

ハハコグサ(キク科)
ハハコグサz190301
春の七草のひとつ「ゴギョウ」とはこれのことです。

タネツケバナ(アブラナ科)
タネツケバナygd190301
これを幼虫の食草とするツマキチョウにはまだ会えません。

ユリワサビ(アブラナ科)
ユリワサビz190301
ワサビに比べるとかなり小さな株です。

つづく…

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6VR
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野草 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<遅ればせながら春の花を…② | メイン | 3月の大授搦へ ①>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/1254-d63d80d5

| メイン |