ちくご子どもキャンパス ①
2013/07/24(Wed)
7月20、21日で『矢部川中流域の自然観察と体験』を開催しました。
当日は小学2~6年生の子どもたち18名が参加し、主催者のNPO法人「まちづくりネットワークちくご」のメンバーをはじめ、多くのボランティアスタッフの協力の元、無事に2日間のプログラムを終えることができました。
その様子をサワリだけ紹介します。

いよいよ始まります
キャンパスc01
初日の午前中は、この春オープンしたばかりの文化交流施設「九州芸文館」でオリエンテーション。
始めて出会う子どもたちやスタッフと歌やゲームで緊張をほぐしました。
午後は3グループに分かれて自然観察。色々な生き物と出会えたようです。
その後はクワガタやカブトムシを取りに行き、メイン会場の定住体験施設の「筑恋邸」へ。
皆で竹のマイ箸を作り、夕食のカレーを作ります。

食後はいよいよメインイベントのセミの羽化観察。
クマゼミ羽化c08
最初はなかなか見つかりませんでしたが、そのうちに「いたよ!」「羽化が始まった!」等の声が上がります。

観察後は温泉施設「恋ぼたる」で入浴。そして就寝。

2日目は6時起床でラジオ体操の後、朝の観察~朝食と続き、その後、河原の石に2日間の思い出をペインティングしました。

そして、2日間の観察のまとめを…
キャンパスc04
グループごとに皆で話し合って中身や報告の方法などを決めて…昼食。

昼食は「ソーメン流し」
キャンパスc02

キャンパスc03
皆あっという間に完食してしまいました。

そしていよいよまとめた内容を発表です。
キャンパスc05
みんな図鑑で調べたり、絵を描いたり写真を貼ったりと真剣です。

チームワークを発揮します。
キャンパスc06
その成果で、どのグループも個性あふれるまとめと発表でした。
毎年この発表を聞く(見る)と何故だかホッとします。「今年もやって良かった!」と。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、D90 
レンズ:DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED、
     DX AF-Sズームニッコール18-135㎜ED
この記事のURL | 観察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ちくご子どもキャンパス ② | メイン | 梅雨明け ⑥>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/123-eee83707

| メイン |