梅雨明け ⑤
2013/07/22(Mon)
子どもキャンパスが無事終了しました。
観察結果は後日アップしますが、キャンパスの様子は『まちづくりネットワークちくご』のHP(ブログ)に後日アップの予定です。

しかし、予想通りとはいえ昨日の参院選はJ党の圧勝でしたね。これから日本はどこへ向かうのか?不安だけが残る結果でした。強権的で経済優先の政策は人にとっても自然にとっても決して良い結果は残さないでしょう。命を一番に考え弱い者の立場に立てる政治家は日本では少数派なのでしょうね…。

コオニヤンマ(サナエトンボ科)
コオニヤンマy01
ヤンマと名が付きますが、サナエトンボの仲間です。
山の方に多いトンボです。
体長80㎜。

オオシオカラトンボ♂(トンボ科)
オオシオカラトンボ♂g01
シオカラトンボより少し大きく、青味の強いトンボです。
翅の付け根が青黒くなります。平地ではあまり見かけません。
体長55㎜。

アサヒナカワトンボ♀(カワトンボ科)
アサヒナカワトンボ♀y01
カワトンボのシーズンももうそろそろ終わりです。
最後の個体かな?
体長42~57㎜。

ミヤマカワトンボ♂(カワトンボ科)
ミヤマカワトンボ♂y01
今が最盛期の渓流で見られる大型のカワトンボです。
滝の下の流れが緩やかになった場所に縄張りを張っていました。
通常は翅を閉じています。

時々一瞬だけ翅を開きます
ミヤマカワトンボ♂y02
体長64~78㎜。

シロオビアワフキ(アワフキムシ科)
シロオビアワフキy01
ヤナギやバラ、マサキ、クワなどに付きます。
幼虫は泡(直径20㎜程)を分泌してその中に身を隠します。
こう見えてもセミに近い仲間です。
体長11~12㎜。

ニレハムシ(ヒゲナガハムシ亜科)
ニレハムシy01
ニレ科のニレやケヤキの葉を食べます。
体長6~7㎜。

ヨツボシオオキスイ(オオキスイムシ科)
ヨツボシオオキスイg01
カブトムシやクワガタに混じって樹液に集まります。
幼虫は樹液や他の昆虫を食べるようです。
体長11~15㎜。

ヨツボシアトキリゴミムシ(オサムシ科アトキリゴミムシ亜科)
ヨツボシアトキリゴミムシg01
体型からアトキリゴミムシの仲間かなと思いネットで検索。
生態等の詳細はわかりません。体長4㎜ほどです。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000 レンズ:DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<梅雨明け ⑥ | メイン | 梅雨明け ④>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/121-f289abb0

| メイン |