FC2ブログ
福岡県内とあるダム湖にて ①
2018/12/04(Tue)
先週末(12/2)ちょっと思い立って、とあるダムまで出かけました。
成虫越冬の昆虫や野鳥が観られました。

遊歩道
遊歩道ygd181201
ダム湖を周回できます。初冬というか晩秋の風景です。

イロハモミジ(ムクロジ科)
イロハモミジygd181201
ほぼ紅葉が終わり葉が散ってしまった中に所々残っていました。

サザンカ(ツバキ科)
サザンカygd181201
あちらこちらで満開を迎えていました。
サザンカygd181202
一輪をアップで!

シマカンギク(キク科)
アブラギクygd181201
別名アブラギクとも言います。ちょっとピンボケ…

マムシグサの実(サトイモ科)
マムシグサの実ygd181201
花も不思議な形ですが実はちょっと毒々しい感じです。

ハラビロカマキリ(カマキリ科)
ハラビロカマキリ♀ygd181201
腹部が膨らんでいるので産卵前のメスでしょう。
ハラビロカマキリ♀ygd181202
瞳のように見える黒い点は偽瞳孔といいホントの瞳ではありません。

キタテハ(タテハチョウ科)
キタテハygd181201
成虫越冬するので気温が上がると陽だまりを飛び回る姿が観られます。

ムラサキシジミ(シジミチョウ科)
ムラサキシジミygd181201
こちらも成虫越冬です。体温を上げるために開翅します。
ムラサキシジミygd181202
キレイな翅表です!

キイロスズメバチ(スズメバチ科)
キイロスズメバチygd181201
他にもオオスズメバチなど数種のスズメバチがサザンカの花を訪れていました。

アブラゼミ(セミ科)
アブラゼミ死骸ygd181201
原因はわかりませんがこの状態で死んでいました(翅が無い)。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 自然 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
<<福岡県内とあるダム湖にて ② | メイン | 久しぶりの野草園>>
コメント
- 冬の蝉の姿 -
お早うございます
冬の蝉の写真を拝見しながら思い出しました
平成5年1月だったと思いますが、清水山の第一展望所で
蝉の不思議な姿を見ました
蝉が桜の幹に止まっていました
しばらく眺めていたが手を差し伸べて身体をつかんで捉
えると頭だけ幹に残りました
幹に差し込んだ口吻が抜けずに死んでいる姿だったんでしょうか
今でも展望所を通るとき、止まっていた桜の木を眺めて
あの時の蝉の姿を思い出します

2018/12/05 06:47  | URL | ぼん天棒 #-[ 編集]
-  -
追記
蝉はニイニイゼミでした
2018/12/05 06:50  | URL | ぼん天棒 #-[ 編集]
- Re: 冬の蝉の姿 -
> お早うございます
> 冬の蝉の写真を拝見しながら思い出しました
> 平成5年1月だったと思いますが、清水山の第一展望所で
> 蝉の不思議な姿を見ました
> 蝉が桜の幹に止まっていました
> しばらく眺めていたが手を差し伸べて身体をつかんで捉
> えると頭だけ幹に残りました
> 幹に差し込んだ口吻が抜けずに死んでいる姿だったんでしょうか
> 今でも展望所を通るとき、止まっていた桜の木を眺めて
> あの時の蝉の姿を思い出します
ぼん天棒さん
ご無沙汰しています。
自然は時に思いもよらぬものを見せてくれますね!
2018/12/05 23:02  | URL | ウォッシュボードマン #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/1209-5f2c5120

| メイン |