梅雨明け ③
2013/07/18(Thu)
今日は久しぶりに雨が降りました(夕立)。
そのせいか心持涼しい気がします。

ツバキシギゾウムシ♀(シギゾウムシ亜科)
ツバキシギゾウムシ♀g01
そろそろいるだろうとの予想通り、
ツバキの実に産卵のために穿孔中のメスを見つけました。

ツバキシギゾウムシ♀g02
口吻を中心にグルグル回りながら穴を穿けていきます。

ツバキシギゾウムシ♀g03
それにしても長い口吻です。
日本のゾウムシの中でも最長だと思います。
口吻を含まない体長6~9㎜。

ツバキシギゾウムシ♀g05
口吻の半分以上の深さまでいきました。
シギゾウムシの仲間の♀の産卵管は口吻の長さに比例するそうです。

アオヒゲナガゾウムシ(クチブトゾウムシ亜科)
アオヒゲナガゾウムシy01
駐車場脇の杭の上に美しいゾウムシを見つけました。
体長5~6.5㎜。

アオヒゲナガゾウムシy02
せっかくの美麗種も背中のダニのお陰で台無しです。

アオヒゲナガゾウムシy03
正面顔

ミツギリゾウムシ♂(ミツギリゾウムシ科)
ミツギリゾウムシ♂g01
クヌギの伐採木で久しぶりに見つけました。
不思議な形態の虫です。
この個体はオスですが、メスの口吻は所謂ゾウムシ状で
触角と合わさって三錐(みつぎり)に見えます。

ウスモンオトシブミ(オトシブミ亜科)
ウスモンオトシブミy01
キブシの葉にまだいました。巻かれたばかりの「オトシブミ」もありました。
画像はありませんが、コアカソにはヒメコブオトシブミも…。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000 レンズ:DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<梅雨明け ④ | メイン | 梅雨明け ②>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/119-449d13ec

| メイン |