トンボ池 ①
2013/07/10(Wed)
南隣の市(みやま市)高田町に今福池という池があります。
以前は、オニバスの自生する池として知られていたようですが、環境の変化からかもうほとんど残っていないようです。
ここはトンボの多い池でもあります。時間を見つけて出かけてきました。

昨年、池の大掃除があり、ハス等の水草がかなり切られたようで、例年ほどトンボの数が多くありませんでした。

チョウトンボ(トンボ科)
チョウトンボi03
翅が幅広く蝶のように見える、ここの夏を代表する(個体数も多い)トンボです。
水草の多い池などで見られます。

太陽の光の角度によって
チョウトンボi04
金青色の翅が虹色に輝いて見えます。

体長31~42㎜。
チョウトンボi05
翅の模様は個体差があります。

コシアキトンボ♂(トンボ科)
コシアキトンボi01
公園の池など少々水が汚れていても大丈夫なようです。
近所の公園でも見かけます。
腹部上部(腰?)が白く空いているように見えるので「腰空き」の名がつきました。
体長41~50㎜。

ショウジョウトンボ♂(トンボ科)
ショウジョウトンボ♂i01
真赤なトンボですが、いわゆる赤トンボの仲間ではありません。
夏の時期、近所の池などで普通に見られます。
体長44~55㎜。

クロイトトンボ(イトトンボ科)
クロイトトンボ♂i01
胸と腹部の先端が青いイトトンボです。
これまた近所の公園の池などで普通に見られます。
体長27~37㎜。

ギンヤンマ(ヤンマ科)
ギンヤンマi01
胸が緑で腹部の付け根が青い大型のヤンマです。
常に飛翔しているので撮影には苦労します。
この個体はたまたま池の側のサクラの木に止まりましたが、翅が傷んでいるようです。
体長74~82㎜。

つづく…

撮影機材 カメラ:ニコンD7000 レンズ:トキナーAT-X80-400mmズーム
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<トンボ池 ② | メイン | 高校生…>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/113-9a6a92dc

| メイン |