FC2ブログ
GW後半…③
2018/05/10(Thu)
今日は甲虫の仲間です。
春に現れるオトシブミやハムシ等がたくさん見られました。

キクスイカミキリ(カミキリムシ科)
キクスイカミキリat18501
胸部背面の赤い点がオシャレなカミキリです。
キクスイカミキリat18502
ヨモギやキクなどの茎をかじってそこに産卵します。
体長6~9㎜

アシナガオニゾウムシ(クチカクシゾウムシ亜科)
アシナガオニゾウムシat18501
オスの前脚が長く、大きく湾曲するのが特徴です。
アシナガオニゾウムシat18502
エノキの伐採木にやって来ます。
体長6.5~8㎜

ヒョウタンゾウムシの一種(ゾウムシ科)
サビヒョウタンゾウムシat18501
種名がわかりせん。ヨモギの葉上にいました。
体長8㎜

ヒゲナガホソクチゾウムシ(ホソクチゾウムシ科)
ヒゲナガホソクチゾウムシat18501
私の指と比べても分かるように微小なゾウムシです。
体長2.6~3㎜

(ナミ)オトシブミ♀(オトシブミ科オトシブミ族)
オトシブミ♀at18501
ハンノキの葉にいました。
オトシブミ♀at18502
オスは見つかりませんでした。
体長4.5~5.5㎜

ヒメコブオトシブミ(オトシブミ科オトシブミ族)
ヒメコブオトシブミat18501
ホスト(コアカソ等)ではない植物の葉上にいました。
体長6~6.5㎜

カシルリオトシブミ(オトシブミ科ルリオトシブミ族)
カシルリオトシブミat18501
この日もイタドリの葉を巻く多くの個体と出会いました。
体長3.5㎜

ケシルリオトシブミ(オトシブミ科ルリオトシブミ族)
ケシルリオトシブミat18501
日本産オトシブミの最小種で、ノイバラの葉を巻きます。
体長2.8~3㎜

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3、オリンパスTG-3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<GW後半…④ | メイン | GW後半…②>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/1110-2e6a86b7

| メイン |