大授搦
2013/02/28(Thu)
2月25日(月)、宿直明けだったのですが好天に誘われて、久しぶりに佐賀市の外れにある有明海干拓地「大授搦(だいじゅがらみ)」へ行ってきました。天然記念物のアカザ科のシチメンソウ(七面草)が自生し、公園(干潟よか公園)も整備され市民の憩いの場ともなっています。ここは広大な干潟が広がりシギやチドリなど野鳥の宝庫です。また、隣接する「佐賀空港」も空港になる前は、毎冬フクロウの仲間のコミミズクが多数越冬していて、チュウヒやハヤブサ、チョウゲンボウ等の猛禽も多数見られました。空港の周りには葦原も残っていて、今も少数ではありますが越冬しているようです。人の暮らし(開発)の影響をもろに受ける動物たち。特に渡り鳥は、繁殖地と越冬地、中継(休憩)地の豊かな環境がないと生きていけません。中には国際的に守られている保護鳥もいます。私たちの暮らしが問われているような気がします。

この日観察できたものは、オオジュリン、クロツラヘラサギ、ダイシャクシギ、ハマシギ、シロチドリ、ダイゼン、ツクシガモ、オナガガモ、セグロカモメ、ズグロカモメ、ユリカモメ、アオサギ、コサギ、ホオジロ、ハクセキレイ、ジョウビタキ、ヒヨドリ、ツグミ、モズ、ハシブトガラス、カササギ等です。

オオジュリン(ホオジロ科)
オオジュリン
到着してしょっぱなに出迎えてくれました。北海道や東北で繁殖し冬期は本州以南へ移動してきます(葦原などで見られます)。冬羽は地味でホオジロに似ていますが、動きや声が違っていました。オスの夏羽は頭部が黒くなり模様もハッキリしてくるようです。

クロツラヘラサギ(トキ科)
クロツラヘラサギ
世界的な絶滅危惧種。朝鮮半島や中国東部で繁殖し冬鳥として九州に渡ってきます。以前から何度も見かけてはいたのですが、今回初めて身近で観察することができました。

ダイシャクシギ(シギ科)
ダイシャクシギ
ユーラシア大陸内陸部で繁殖し、日本へは旅鳥または冬鳥として渡ってきます。嘴が大きく下に湾曲して良く目立つ大型のシギです。これも今回初めてゆっくり観察することができました。しかし、この嘴けっこう大変そうと思うのは私だけでしょうか?

ハマシギ(シギ科)
ハマシギ
ユーラシア大陸及び北アメリカのツンドラ地帯で繁殖し、日本へは旅鳥または冬鳥として渡ってくる小型のシギ。越冬地では大きな群れで生活しています。

シロチドリ(チドリ科)
シロチドリ
留鳥として日本各地で繁殖しますが、北日本のものは冬期は南へ移動します。ここでも多くの個体が見られます。動きも含めて中々可愛いです。

ダイゼン(チドリ科)
ダイゼン
ユーラシア大陸とアメリカ大陸の北極に近い地域で繁殖し、日本へは旅鳥または冬鳥として渡ってくるちょっと大型のチドリの仲間。夏羽は顔から胸及び腹部が黒くなります。

ツクシガモ(カモ科)
ツクシガモ
ユーラシア大陸で繁殖し、日本へは冬鳥として渡ってきます。特に九州(有明海)に多いことからツクシガモ(筑紫鴨)と呼ばれるようになったそうです。カモの中でも大きい方で模様のコントラストが目立ちます。とにかくたくさんいました。

オナガガモ♀(カモ科)
オナガガモ♀
ユーラシア大陸と北アメリカ大陸の寒帯から亜寒帯で繁殖し、日本へは冬鳥として渡ってきます。オスの尾羽が長いことから付けられた名前です。この日はオスもいたのですが…というかたくさん群れていました。

セグロカモメ(カモメ科)
セグロカモメ
ユーラシア大陸や北アメリカ大陸で繁殖し、日本へは冬鳥として渡ってくる大型のカモメ。目がちょっとコワイです。

ズグロカモメ(カモメ科)
ズグロカモメ
ユーラシア大陸で繁殖し、日本(特に九州)に冬鳥として渡ってくる小型のカモメ。絶滅危惧種に指定されています。オスの夏羽は頭部が黒くなりこれが名前(頭黒)の由来となっています。ユリカモメに似ていますが、嘴が短くて黒いのが特徴(ユリカモメはちょっと長くて赤い)です。

カモメの群翔
カモメの群れ
ユリカモメとズグロカモメが混じっているようです。中には夏羽に替っている(頭部が黒い)個体もいるようです。ユリカモメ(カモメ科)はユーラシア大陸で繁殖し、日本には冬鳥として渡ってくる小型のカモメ。川の中州など各地で普通にみられます。

飛翔
飛翔
クロツラヘラサギとツクシガモです。

仲良し?
出会い
クロツラヘラサギ、ダイシャクシギ、そしてダイゼンの4ショット!

とにかくすごい数でしたが、春の渡りの時期にはもっと多くの種類や、夏羽に替った鳥たちが見られるはずです。

帰り際、佐賀空港の周りを移動している時キジを見つけました。
キジ♂(キジ科)
キジ♂
自然が多い各地の草むらなどに生息していますが、警戒心が強く人前には中々出てきてくれません。日本の国鳥でもあります。


撮影機材 カメラ:ニコンD7000 レンズ:タムロンSP400mm×1.4テレコン

この記事のURL | 野鳥 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<歌作り合宿 | メイン | 清水山>>
コメント
-  -
これはほんまに野鳥の宝庫ですね!
いや~こんなところに行ったら
興奮するやろなぁ~~~
2013/02/28 23:28  | URL | S.SHIN #k9MHGdfk[ 編集]
-  -
ホント大興奮でシャッター押し続けてました。
家で確認したら500ショット近い数でした!
僅か2時間足らずの間です。
中には失敗もたくさんありますけどネ…
(管理者)
2013/03/01 23:20  | URL | ウォッシュボードマン #tM8YHBL6[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/11-af1d8e9c

| メイン |