FC2ブログ
スミレの仲間
2018/04/07(Sat)
今日(4/7)は、台風並みの風が吹き一気に冬に逆戻りしたような寒さでした。

日本はスミレの国と言われるくらい、多くの種が様々な環境に適応して自生しているそうです。
種の同定は、葉の形や色、自生する場所、花弁や葉茎の微毛の有無、メシベの柱頭の形等をみて行います。
よく見かける種は、慣れてくると見た感じで大体分かるようになります。

アリアケスミレ
アリアケスミレz18401
白い花弁に紫の筋が入ります。
アリアケスミレz18402
平地から丘陵地の日当たりの良い場所に自生します。

エイザンスミレ
エイザンスミレyy18401
裂けている(3裂)葉が特徴で花色には白から赤紫まで変異があります。
エイザンスミレyy18402
丘陵地から山地の半日蔭でよく見かけます。

ケマルバスミレ
ケマルバスミレyy18401
白い花弁で時にうっすらとピンクを帯びる個体もあります。
エイザンスミレより日当たりを好むようです。

コスミレ
コスミレyy18401
小と付きますが、花も株も大きくなるものがあります。
花弁にも変異があり、平地から丘陵地で見られます。

タチツボスミレ
タチツボスミレyy18401

タチツボスミレyy18402

タチツボスミレyy18403
丘陵地から山地でもっともよく見かけるスミレで、変異も多いようです。

オトメスミレ
オトメスミレyy18401
タチツボスミレの変種で、
オトメスミレyy18402
花弁は白く距(花弁の後の突き出た部分)が紫色のものをこう呼ぶようです。
距も白かったらシロバナタチツボスミレとなります。

ツボスミレ
ツボスミレyy18401
ちょっと湿り気のある場所に群生することが多く小さい花弁が特徴。
ニョイスミレともいいます。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 野草 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<早春の花たち ① | メイン | 春の虫たち ②>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/1093-dbc89191

| メイン |