梅雨の合間に女山森林公園 ③
2013/07/02(Tue)
今日は蝶です。

ベニシジミ(シジミチョウ科)
ベニシジミz01
春先から秋まで普通に見られる蝶です。
くすんだような色の夏羽に替っています。
高温になるほどオレンジ色が消失するそうです。

別の個体
ベニシジミz02
翅の形からたぶんどちらもオスだと思われます。

ツマグロヒョウモン(ヒョウモンチョウ科)
ツマグロヒョウモン♂z01
地元では家の周りでも一番普通に見られるヒョウモンチョウです。
元々は南方系の蝶で、メスは前羽の先端が黒くまったく違う種類に見えます。
毒チョウのカバマダラに擬態していると言われていますが、九州北部にはカバマダラは生息していません。
この個体はたぶんオスです。日が落ちて眠りに入るところでしょうか?

撮影機材 カメラ:ニコンD7000 レンズ:DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<梅雨の合間に女山森林公園 ④ | メイン | 梅雨の合間に女山森林公園 ②>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/108-1d299635

| メイン |