秋の渡り ②
2017/10/01(Sun)
大授搦のつづきです、

ダイシャクシギ(シギ科)
ダイシャクシギdk17001
長い嘴が下方に大きく湾曲している大型のシギです。
ダイシャクシギdk17002

ダイシャクシギdk17003
ここでは多数が越冬します。

ホウロクシギ(シギ科)
ホウロクシギdk17001
ダイシャクシギによく似たシギで、一緒にいることも多い。

ダイシャクシギとホウロクシギ
ダイホウロクdk17001
真ん中がホウロクシギ(翼下面や腹部が褐色)。
ダイシャクシギは白っぽい。

ハマシギ(シギ科)
ハマシギdk17001

ハマシギdk17002
ここでは一番数多く越冬します。
ハマコオバdk17001
右はコオバシギ

シロチドリ(チドリ科)
シロチドリdk17001
小型のチドリ。

メダイチドリ(チドリ科)
メダイチドリdk17001
よく似たオオメダイチドリもいます。

ダイゼン(チドリ科)
ダイゼンdk17001
夏羽の個体。
ダイゼンdk17002
冬羽(幼羽?)の個体。
ダイゼンdk17003
3羽3様

カメラ:ニコンD7100、 1V3
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<10月はじめは地元で… | メイン | 秋の渡り ①>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/1020-bfd8ed7c

| メイン |