草原の昆虫
2013/06/24(Mon)
ハナシノブの自生地の周りは低木や草が茂り、そこでは色々な昆虫が見られました。

カツオゾウムシ(カツオゾウムシ亜科)
カツオゾウムシa01
体型と色が鰹節に似ているところから名付けられました。
オレンジ色の新鮮な個体ですが、オレンジの鱗粉はいずれ剥げて黒くなります。
体長10~12㎜。イタドリの葉上にいました。

ナガカツオゾウムシ(カツオゾウムシ亜科)
ナガカツオゾウムシa01
初見のゾウムシです。前種に似ていますが、より細長くスマートに見えます。
体長9~13㎜。ヨモギの葉上にいました。

ハスジカツオゾウムシ(カツオゾウムシ亜科)
ハスジカツオゾウムシa01
こちらは地元でもよく見かけます。
体長9~14㎜。ヨモギやアザミの葉上でよく見かけます。

キスジアシナガゾウムシ(アナアキゾウムシ亜科)
キスジアシナガゾウムシa01
こちらも地元で、カラムシの茎にいるのをたまに見かけます。
体長8~11㎜。

ワモンヒョウタンゾウムシ(クチブトゾウムシ亜科)
ワモンヒョウタンゾウムシa01
クワやミカン等に付くようですが。近くにクワの若木がありました。
体長6.5~10㎜。

アカクビナガハムシ(クビボソハムシ亜科)
アカクビナガハムシa01
赤色が鮮やかなちょっと大きめのハムシです。
サルトリイバラやシオデを食べるようです。
体長7~10㎜。

ルリクビボソハムシ(クビボソハムシ亜科)
ルリクビボソハムシa01
アザミの葉上で見られます。
体長5.5~6.2㎜。

ヤマイモハムシ(クビボソハムシ亜科)
ヤマイモハムシa01
その名の通りヤマノイモを食草とします。
ヤマノイモの蔓によくいます。
体長5~6.2㎜。

ヘリグロリンゴカミキリ(フトカミキリ亜科ヘリグロリンゴカミキリ属)
ヘリグロリンゴカミキリa01
ヨモギやアザミ等を食草とします。
草の間をよく飛び回り食草の葉裏に止まりますが、近付くとすぐに飛んで逃げます。
体長7.5~13㎜。

ケシルリオトシブミ(アシナガオトシブミ亜科ルリオトシブミ族)
ケシルリオトシブミa001
ノイバラの葉にまだいました。
体長2.5~3㎜。

オスグロオオハナノミ♂?(オオハナノミ科)
ハナノミa02
ネットで色々調べた結果、触角の形状からこの名前に落ち着きましたが…。
体長4~12㎜。甲虫の仲間です。

南阿蘇ビジターセンター編へつづく…。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000 レンズ:DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ゼフィルスは… | メイン | 特定希少野生植物>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/102-c97c6147

| メイン |